大人ニキビの改善方法と思春期ニキビとの違い

「ニキビが治らない…仕事忙しいせい?」
「生理前になるといつもニキビができる…」

20代になり仕事をしていると生活リズムの崩れや疲労で肌ニキビが増えてしまうことありませんか?それは20代女性に現れ始める大人ニキビかもしれません。

大人ニキビは思春期ニキビと原因が異なるため、思春期の頃と同じケアを行っているとさらに悪化してしまうこともあります。

大人ニキビの原因を理解し、適切ケアと生活習慣で出来てしまったニキビを治していくだけでなく、ニキビができにくい体質を作っていきましょう!

今回は、大人ニキビの対策と原因についてお伝えしていきます。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビには根本的な発生原因が異なります。大人ニキビの場合は、普段から女性ホルモンを整えて身体を冷やさない生活をすることで大人ニキビを予防したり治りやすくなります。

ニキビの種類 原因
思春期ニキビ 皮脂の過剰分泌
大人ニキビ 皮脂の分泌
ホルモンバランスの乱れ
血流悪化による肌の乾燥

大人ニキビの主な原因は次の3つです。

  • 生活習慣によるホルモンバランスの乱れ
  • 冷えによる血流悪化
  • 年齢による肌のバリア機能低下

女性で月経前に大人ニキビができやすい方は月経前に女性ホルモン「プロゲステロン」が増加し「エストロゲン」が減少することが原因です。

プロゲステロンは、男性ホルモンに似た働きをするので皮脂の分泌を促します。一方エストロゲンは肌の潤い機能を保持するので減少してしまうとお肌の乾燥が進んでしまいます。

また、年齢によるお肌のバリア機能の低下に加え、ホルモンバランスの乱れや冷え、お肌の手入れ不足は肌トラブルが起こりやすくします。

大人ニキビになりやすい人の特徴

大人ニキビになりやすい人の特徴

大人ニキビができやすい人の習慣が次の3つです。当てはまる方は特に注意しましょう。

不規則な生活をしている

シフト制の仕事や残業が多いと、どうしても不規則な生活になるので、睡眠リズムが乱れ、ストレスや疲労も蓄積していきます。

仕事を変えるのは難しいので、睡眠の質を高める、食事をバランスよく摂る、運動してストレスを溜めないなどの工夫をして、自分のメンテナンスの時間を取るように心掛けましょう。

いつもしっかりメイクをしている

外に出て多くの人と会う女性程、毎日しっかりメイクをしなければと思いますよね。
お肌への負担が少ないコスメであっても、少なからずお肌にダメージを与えますし、メイクした分洗顔もしっかり行わないといけないため、乾燥も進んでしまいます。

たまには、さらっとメイクを済ませたり、しっかりメイクをした後は保湿もしっかり行ったりなどの対策をしていくことで、肌トラブルも起きにくくなりますよ。

身体が冷えやすい

もともと華奢な身体をしていて、筋肉量が少ない女性は冷えの影響をダイレクトに受けてしまいます。冷えはホルモンバランスの乱れ、血流悪化につながるため、ストレッチやヨガ、散歩など緩やかに出来る運動を習慣化させていきましょう。

気温が下がった日は、人より一枚多く着ることを心掛け、身体が温かいと感じる時間を増やしていくことが大切です。

大人ニキビを改善する方法

大人ニキビを改善する方法

大人ニキビはなったら治すだけではなく、できにくい環境を作ることが必要です。

改善と予防をするために重要なのは次の3つです。

  • お肌を清潔にしっかり保湿をすること
  • 女性ホルモンバランスを整えること
  • 血液の流れを良くすること

この3つを行うことで、ニキビの治りを早めるだけでなく、ニキビができにくい体質を作ることができます。

では、具体的な4つのポイントを解説していきます。

正しい洗顔方法とスキンケア

仕事をしているとどうしてもメイクをしている時間も長いため、お肌への負担をかけてしまいます。そのため、帰宅後はしっかりメイク汚れを落としつつ、保湿をしてお肌のバリア機能を高めるようにしましょう。

ポイントは正しい洗顔の方法と高保湿スキンケアです。

おすすめの正しい洗顔の方法は次の手順で行います。

  1. 手を綺麗に洗う
  2. 逆さにしても落ちないくらい細かい泡を作る
  3. 肌をこすらないようにTゾーン(おでこ・鼻筋)~Uゾーン(顎・口元)の順で洗う
  4. 35℃くらいのぬるま湯で流す
  5. タオルで水を吸い取るように押さえて拭く
  6. 時間をおかずに高保湿スキンケアを行う

分かりづらい方は、こちらの動画も参考にしてください。

ここで大切なのは、お肌に摩擦刺激や温度刺激を与えないこと、洗い忘れと流し忘れをなくすこと、洗顔で失った潤いをスキンケアでしっかり補うことです。

ビタミンを含む食材の摂取(ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE)

大人ニキビは生理前などホルモンバランスが乱れやすい時期に起こるとも言われています。

そのため、女性ホルモンのバランスを整える「ビタミンB6」の他に、お肌の生まれ変わりを促す「ビタミンB2」、抗酸化作用、血流促進作用がある「ビタミンE」を摂取することで、生理前でもニキビが出来にくくなります。

栄養の種類 食材
ビタミンB2 キノコ、卵、カレイ、納豆
ビタミンB6 サンマ、カツオ、レバー、ブロッコリー
ビタミンE アーモンド、カボチャ、アボカド、ゴマ

食材をうまく組み合わせながら積極的な摂取を心掛けましょう。また、食材の中には生で食べられるものもありますが、なるべく体を冷やさないために加熱調理をして食べるようにしてくださいね。

ツボ押し(三陰交・血海)

女性ホルモンのバランスが崩れると、お肌の乾燥や皮脂の分泌により肌トラブルが起きやすくなります。そのため、婦人系の万能のツボと言われている「三陰交」、女性ホルモンのバランスを整えると言われている「血海」のツボを押してみましょう。

三陰交と血海

どちらも押すと内側に響くような痛みがあるので、探しやすいツボです。親指を使い中心に向かってグッと3秒押し5秒離すのを繰り返しましょう。血流が良くなっているのを感じながら行うと効果がUPします。

全身浴で血流アップ

20代の働き盛りの女性に多いのがシャワー入浴。身体の冷えは血液循環やホルモンバランスの乱れにつながり、お肌にもその影響が出ます。

疲れた時こそ肩まで全身浴を行い15分以上浸かるように心掛けましょう。

関連記事:お風呂の入り方で美容効果が変わる?美容に良いお風呂の入り方5選

もし、シャワー入浴の時間しかないという日があればシャワーお灸で全身を温めて下さい。

シャワーお灸

シャワーお灸は、首の後ろの骨の出っ張り部分と腰のあたりを目掛けて、少し熱めのシャワーを全身の温かさが感じられるまで当てます。

とても簡単かつ短時間で身体を温めることができますので、忙しい女性におすすめです。

腸の調子が悪いと肌トラブルも起きやすくなる!?

度々メディアでも取り上げられている、腸と肌との関係。
実は、腸にある悪玉菌と善玉菌のバランスが乱れることにより、血管を通じてお肌にトラブルが起きてしまうことが報告されています。

便秘傾向がある人は、スキンケアだけでなく内側からのケアを中心に始めることが、大人ニキビを良くする近道かもしれません。

特に食事や血行不良に注意して生活することを心掛けていきましょう。

大人ニキビの改善方法まとめ

今回は、大人ニキビの原因と予防ついてお伝えしました。

大人ニキビは、生活習慣によって左右されることが多いため、スキンケアのみならず食事睡眠運動の3つを見直すことが大切です。
生理周期との関連が見られる場合は、婦人科での診察により服薬治療という選択肢もあるので医師に相談してみましょう。

身体を温める工夫は、女性の不調に良い影響を与えてくれますので、是非普段から意識して見て下さいね。中々治らない大人ニキビを、内側と外側からのケアで良くしていきましょう!

関連記事:背中ニキビを予防する正しい背中の洗い方

大人ニキビの改善と思春期ニキビとの違い
最新情報をチェックしよう!