【診断】目の下のクマを解消する原因別の対策とは!?あなたのクマは何タイプ?

リモートワークで相手と話をしているとき、鏡でふと自分の顔を見たとき「目の下のクマ」があるとすごく気になりませんか?

目の下にクマがあると、少し暗い印象に見えたり、老けて見られたり…
「メイクで隠そうとしても隠れない!」
「メイクするとどうしても厚塗り感が出る」
そんな悩みを抱える女性も多いのではないでしょうか。

今すぐ自分のクマのタイプを知って、しっかり対策することで若々しい印象を取り戻しましょう!

今回は、目の下のクマを解消する方法をタイプ別にお伝えします。

【対策】あなたの目の下のクマ診断!タイプ別の解消法とは?

目の下のクマを解消するには、「自分のクマの原因を知ること」。そして、「タイプ別に合わせた対策を行うこと」が大切です。では、具体的な方法をご紹介します。

まずは、あなたのクマのタイプを診断!

【寝落ち〜ぬ流】目の下クマ診断

診断に必要なことは、クマの近くの皮膚を引っ張ってみてどのような変化があるかです。
各タイプの特徴をまとめると…

クマタイプ特徴
青クマ・目尻を引っ張ってもクマは動かない
・色が青黒い
・ファンデーション等で隠しやすい
赤クマ・目尻を引っ張ってもクマは動かない
・色が赤茶
・目の周りが腫れぼったく見える
茶クマ・目尻を引っ張ると皮膚と一緒にクマも動く
・クマがシミのように見える
黒クマ・目尻を引っ張るとクマが消える
・顔を下から見るとクマが消える
・ファンデーション等で隠しにくい

1つのタイプだけでなく、複数のタイプが混ざっている場合もあります。まずは、自分のタイプを知っておくことで、正しい対策をすることが出来ますよ!

青クマのあなたは:「血の巡りを良く」せよ!

青クマは、寒い時期や睡眠不足等、血行が悪くなりやすい時に起こります。
普段から身体を温め、青クマが目立ってきたらツボを押して目の周りの血流を良くしていきましょう。

目の血流促進ツボは睛明と承泣が効く

目頭にある「睛明」と目の下にある「承泣」のツボは、目の周りに血液を行き渡らせる働きがあります。

ツボは、ホットタオル等で目を温めた後や入浴で身体を温めた後に刺激するとさらに効果的です。また、目の周りは非常に皮膚が薄いため優しく押すようにしましょう。

赤クマのあなたは:「画面を見る時間を短く」せよ!

赤クマは、スマホやPCの長時間使用等、目を酷使した後に一時的に起こる場合が多いと言われています。
目を閉じて休んだり、マッサージしたりすることで改善していきますよ!

マッサージは目を温めながら、目の周りをクルクルと解すようにしていきましょう。マッサージの動画も参考にして行ってみてください。

<動画>

YouTube

ご視聴ありがとうございます!表参道にある mimi by cache cache でフリーランス美容師として活動していま…

大切なのは、目を酷使しないことなので、スマホなどの画面を見る時間は程々に。適度に休憩をはさむことを心掛けましょう。

茶クマのあなたは:「皮膚への刺激を少なく」せよ!

茶クマは、メイクによる刺激、また花粉や紫外線ダメージなどの刺激によって色素沈着を起こしている状態です。

なるべく目の周りに刺激を与えないこと、UVケアやホワイトニング等を怠らないことでクマを濃くしないことが出来ます。

内側からのケアとしては、色素沈着の原因となるメラニンを抑えてくれる抗酸化作用のある食材を摂取するのがお勧めです。

【茶クマ撃退のお勧め食材】

  • パプリカ
  • トマト
  • 春菊

黒クマのあなたは:「目の周りの筋肉を強化」せよ!

黒クマは、血行不良や色素沈着のタイプとは異なり、目の下にある脂肪の影によって起きています。

目元のハリを取り戻すエイジングケアも効果的ですが、まずはたるみを引き起こしている目の周りの筋肉の衰えを改善していきましょう。

目の周りの筋肉を強化して弛みを防止する

目を開けようとする指に対し、目を閉じようとする」といった、相反する動きをすることで、目の周りにある眼輪筋に負荷をかけることが出来ます。この運動を続けることで目の周りがスッキリとしていきますよ!

【解説】タイプ別の目の下のクマの原因とは?

クマの解消法を紹介してきましたが、そもそも目の下にできるクマの原因はなんでしょうか。こちらも同じようにタイプに合わせて目の下のクマの原因を解説します。

青クマタイプ:血行不良

青クマの原因は、「血行不良」です。

身体が冷えてしまったり、睡眠不足でホルモンバランスや自律神経が乱れてしまったりすると全身の血流が悪くなります。目の周りは皮膚が薄いため、血流の悪さが見えやすく青いクマとして現れるのです。

赤クマタイプ:眼精疲労

赤クマの原因は、「眼精疲労」です。

目の下にある脂肪がたるむことで起きる場合や、青クマと同様に血行不良によりうっ血を起こして赤く見える場合もあります。泣いてしまった後に目がむくみ、目の周りが赤くなってしまうのと類似した現象であり、一時的なものも多いと言われています。

茶クマタイプ:色素沈着

茶クマの原因は「色素沈着」です。

目をこすりすぎてしまったり、紫外線によるメラニンの生産が行われたりすることで、目の下の皮膚が刺激を受け、茶クマとなって現れます。茶クマは、青クマや黒クマと異なり、シミのようになっていることから、すぐに消すことは難しいと言われています。

黒クマタイプ:皮膚のたるみ

黒クマの原因は「皮膚のたるみ」です。

加齢やむくみによる目の下の凹凸が影となり、クマとして見えています。スマホの長時間使用による瞬きの減少、下向きの姿勢も、目の周りの筋肉を衰えさせ黒クマを発生させると言われ、若い世代にも見られます。

【要注意】あなたのクマを作り出す要因とは?

先程の部分でクマができる原因を解説しました。では、生活の中で目の下のクマができる要因は何でしょうか。

また、クマを作り出さないようにするために何をすれば良いのかを具体的なポイントをあげて説明します。

青クマの天敵:冷えと睡眠不足

青クマの天敵は「冷えと睡眠不足」です。
冷えは血管を収縮させ、血の流れを悪くし、睡眠不足は自律神経が乱れ、血液の循環を悪くします。青クマが常習化しているあなたは、目元だけでなく、全身の血流を良くすることを心掛けていきましょう。
ワンポイントアドバイス:よく温めて、良く寝ること!

関連記事

「最近、夜よく眠れなくて疲れが取れない…」 働く女性にとって睡眠不足は、健康や美容の大敵。 寝ようと思う程眠れなかったり、朝起きても寝た気がしなかったりすることありませんか? 多くの女性は眠りが浅いことに悩んだまま、なんとか働[…]

寝付けないせいで眠りが浅いと感じたときの対策

赤クマの天敵:冷えと光る画面

赤クマの天敵は「冷えと光る画面」です。
冷えによる血行不良だけでなく、光る画面、ブルーライトは目に過度な刺激を与え眼精疲労を引き起こします。
数分、数時間置きに外の景色を見るなど、目を休ませるように心掛けましょう。
ワンポイントアドバイス:光る画面は程々に、外の景色を見て!

茶クマの天敵:紫外線と摩擦

茶クマの天敵は「紫外線と摩擦」です。
夏の紫外線だけでなく、春夏秋にも紫外線はお肌にダメージを与えています。さらに、念入りなスキンケアによる摩擦も目の下のクマには逆効果になっているかも…
スキンケアの方法を見直し、UVカットは夏以外にも行うようにしましょう!
ワンポイントアドバイス:お肌は優しく扱って、UVケアは1年中!

黒クマの天敵:光る画面と乾燥

黒クマの天敵は「光る画面と乾燥」です。
光る画面は、瞬きの回数が少なくなり、目の疲労や乾燥が進みます。目の疲労により、目の筋力が衰えたるみが発生するため注意しましょう。
また、乾燥は目の周りのシワやたるみにも繋がるため、スキンケアは保湿・ハリを重視したものがお勧めです。
ワンポイントアドバイス:目を鍛え、スキンケアはハリを重視!

目の下のクマを解消する方法のまとめ

今回は、目の下のクマの解消法についてお伝えしました。

目の下のクマのケアに大切なのは、自分のクマの原因が何なのか、それに合わせた対策は何かを知ることです。誤ったケアにより、効果が感じられないことや逆効果になることもあるので、まずはあなたのクマのタイプを診断してみましょう。

セルフケアだけでは難しい場合は、医師への相談、または美容部員さんへの相談することで、あなたの悩みも解消に向かいます。

生活習慣の改善やセルフケアで、クマのないパッと明るいお肌を目指しましょう♪

簡単に目の下のクマを解消したい
最新情報をチェックしよう!