上司が嫌いで話したくないけど仕事で認められたいときの賢い対処法

職場に嫌いな上司が居るとき、あなたならどうしますか?

だいたいの人は社内に1人ぐらい嫌いな人や苦手な人が居ると思います。
よく聞く対処法としては「要件はメールやチャットで伝えて極力話さない」というもの。

「上司 嫌い 対処法」などで検索すると「無理に話さず最低限の連絡をメール等で行えばよい。辛ければ転職!」という内容の記事が目立っていますよね。

ですが、実際のところこの方法でうまくいくことは少ないようです。
最初から転職を覚悟しなければならない方法は現実的ではありません。

ここでは、話したくない程度に嫌いな上司との付き合い方をアドバイスしていきます。

上司を嫌いになった原因

上司を嫌いになった原因

あなたが上司を嫌いになったきっかけはどんなことでしたか?

上司を嫌いになるには、今までに何らかのキッカケがあったはずです。例えば、男性上司が嫌いになった原因で挙げられることが多いのは『セクハラ発言』や『高圧的な態度』ですが、それは建前で本音は違うということもありますよね。

私が勤めている会社には「偉そうな言い方が嫌い」と言いながらも、詳しく話を聞いてみると「私を評価してくれないから嫌い」と本音を漏らす女性社員が複数います。

不満の裏で承認欲求が溢れているようです。
確かに、いつまでも評価してくれない上司は嫌になりますよね。

でも、一度そのような感情を持ってしまうと感情だけがエスカレートしがちです。
そして、最終的に「上司であることを認めない」という考えに至り、徐々に話せないようになっていきます

こうなると、上司を嫌っていることを周りの人から伝わり当人の耳にも届く悪いパターン。
できるなら、未然に防ぎたいところです。

  1. ハラスメント加害者の上司を避けたい
  2. 個人的な感情で上司を避けたい

あなたの上司嫌いのパターンはどちらですか?
まずは嫌いになった原因を冷静に考えてみましょう。

ハラスメントで上司が嫌いになった

ハラスメントで上司が嫌いになった

パワハラやセクハラなど今や性別や年齢を問わず身近で起こり得る問題ですが、自分が被害者になっている場合は慎重に対処しましょう。誤解や勘違いが原因になっている可能性もゼロではないので、まずは身近な第三者を交えて冷静に解決できるように仕向けてみるのが理想です。相談する相手は会社の中立的な立ち位置で上司と同等以上の立場の人に相談した方が良いですね。

ハラスメント確認事項対処法
上司個人の問題個人の場合は上司と同等以上の第三者に協力を要請。
会社の体質的な問題外部機関に相談。(ただしリスクあり)

慎重にならなければならないのは、会社の体質そのものがハラスメントの温床になっている場合です。
上司だけでなく、社長を含めた上層部の人間性よるパワハラ体質のときは社内で解決が難しいので労基を始め、各種相談センターに頼るのが良いでしょう。

組織の体質がハラスメントを生んでいる場合は退職を考慮、上司個人だけが加害者の場合はその上司から離れられるように異動希望を出すの方法がストレス軽減の手段になります。

ハラスメントは一人で解決しようとしない

理不尽なことですが、上層部がハラスメント体質の場合は問題を一人で解決しようとすると社内風評被害を受けかねません。それこそ、ある程度退職する覚悟をして行動する方が必要です。

SNSには晒さない

間違ってもSNSやネットに実名を出して非難するようなことはやめてください。
それが事実であっても名誉毀損などと相手が被害者面できるエサを与えることになりかねません。

個人的な感情が理由で嫌いになった

個人的な感情で上司が嫌いになった

会社でも接するうちに生理的に受け付けられないと感じる人はいるものです。それが上司や同僚に限らず自社の社長ということも。

このような場合は、ある程度自制しながらうまく対処することが理想です。
嫌いでも上司や同僚のと全く関わらないのは難しいので、『ストレスが少ない』と『仕事を円滑に進められる』のバランスを保てる距離感を見つけることがポイントになります。

上司を避けようとすると『評価』も関わる可能性があります。長く勤めたいという意思があるなら『うまく対処する』ことを優先的に考えてくださいね。

嫌いな上司を避けるときの注意点

嫌いな上司を避けると給料が下がる

嫌いな相手と会話を避けることに意識が強くなると『仕事上必要な手順』が疎かになってしまいがちです。直属の上司への連絡や報告は『評価』に関わるので注意しましょう。

例えば、”話す”ということは、社会一般ではコミュニケーション能力として評価されます。
無闇に相手を遠ざけてしまうとコミュニケーション能力が低いとみなされます。

  • 評価に対する上司の影響力はどれぐらいですか?
  • 現状のコミュニケーション頻度はどれぐらいですか?
  • 他の人を交えて話をすることは可能ですか?

上記3つをもとに注意点を説明します。当てはまる方は要チェック!

上司からの評価

上司は部下の評価をするので、その上司と『話さない』や『避ける』などは自滅行為です。

大企業での”話す”の評価

「大企業や外資の優良企業のような人事評価であれば自分は評価されるはず」という考えは少し危険です。充実した評価制度がありますが、コンピテンシーのように会社が求める人物像は明確です。成果だけで評価する会社でも仕事を円滑に進めるための能力(コミュニケーション)は必ず求められます。

中小企業での”話す”の評価

個人の関係を円滑に維持できる能力(社内コミュニケーション)が求められます。中小企業は社員数が少ないことや、一部の上司が評価の全権を持っているので直属の上司との関係が悪くなると評価は不利になります。

頻度が少ない上司との会話

上司への連絡や報告を嫌いだからという理由で避けていませんか?

会社のデジタル化が進み、社内のコミュニケーションがチャットの会社も増えました。メールのように定型文も不要ですし要件だけを送ればそれで終わりでとても便利です。

ですが、仕事で『要件を伝えて終わり』となるものは少ないですよね。

チャットオンリーは要注意

チャットはあくまでやり取りを容易にするツールなので、仕事を進める過程では直接の会話も必要です。上司を避ける方法論を書いているサイトが勧めているように、チャットやメールをコミュニケーション断絶のために使う方法はここではおすすめできません。

伝達の回数を減らす方法

チャットやメールでの伝達がうまく行かなくて後になって何度も余計にやり取りを重ねた経験はありませんか?
実は、会話を交えた確認をしておくことが結果的に相手とのやりとりを減らせます。

話しにくい状態

上司と話しにくい場合は他の人も加えよう

話しにくい状態』の上司に話に行くのはストレスですよね。

「確認しておいたほうがいいな」と思う用事があっても『話しにくい』気持ちが勝り避けてしまうということも。

第三者によるフォローで会話機会を作る

直接会話しにくい相手とのやり取りは、第三者を入れて話しましょう。こんなときに備えて上司との関係をフォローしてくれる人を身近に作っておくことができれば安心ですね。

ハラスメント上司との関わり方

パワハラやセクハラなどのハラスメントが原因の場合は、『要件は必要最小限チャットで』を利用します。

嫌いな上司を避ける方法

話したくない上司と賢く関わる方法

嫌いになってしまった人との関係を再構築するのは難しいですよね。そこで利用したいのが会社という環境です。会社は仕事をする場ですので仲良くないと一緒に仕事ができないなんてことがあってはならない場所です。

そんな便利な環境を利用しながら話したくない上司との関わり方を考えてみてください。

・上司の特徴を知る
・話は聞くことを優先する
・否定批判をしない
・業務報告&確認は会話を交える
・定時以外の付き合いは断る

ここでは、嫌いになってしまった上司とは今後どのように接して行けば良いのかをお伝えします。上の5つを踏まえて次のことも知っておくと良いかもしれません。

上司の性格を把握する

まず、『相手を知る』ことが重要です。嫌いだからと相手を観察することも避けていませんか?
性格、習慣、部下に求めていること、好みなどを見つけてうまく利用してしまいましょう。

都合よく利用できるものを放棄するのはもったいないように感じます。

信頼されるほど接触回数とストレスは減る

話したくない、関わりたくない、避けたいと思う上司と最も接触する頻度を減らす方法は『信頼される社員』になることです。逆に、余計に関わる時間が多いのが『自分勝手な社員』です。

信頼を得て判断を任される領域が広くなるほど、確認する回数は減りますよね。逆に信頼されていない場合は細かな報告と確認を求められるので接点は多くなってしまいます。

頻繁に上司と仕事の話をしている人の中には、「余計な話をしたくないからあえて話す」という人も多いんです。
いわゆるパフォーマンスです。媚びを売っているように見られることもありますね。

適度な距離感を探る

上司と適度な距離を作る

嫌いな上司から逃げたい一心の人は、このようなパフォーマンスをする人のことも嫌いですよね!

会社は仕事をする場であり業務が円滑に進められるようにするのも仕事のうち。
そう考えて適度な距離感を作れる自分なりの方法を考えてみましょう。

時間外の付き合いは逃げる

私は、頻繁にイベントが開催されたり休日や時間外に集合してまで社員同士の繋がりや仲の良さを求めるような会社は良い企業とは思いません。また、社員同士で仲良く盛り上がる環境が良いと考えている社員も間違いだと思います。

歓送迎会や接待、飲み会などの参加は社員として居る以上仕方なしの部分もありますが、こういう場こそ適当なところで切り上げたり『断る』や『逃げる』『避ける』を使うべきです。

繋がりを強要する人の目的

強制的な繋がりを求める人のほとんどは寂しい人や思い通りに人を動かしたい人ですので尊敬したり関わりたいと思う相手以外とは付き合う必要はありません。

嫌いな上司の対処法3選

すぐにできる嫌いな上司の対処法

上司との関係にストレスを感じているけど「すぐに退職できないし給料も上げたい」ときにやるべきことを紹介します。

地味なことですが、確実に効果が現れます。

  1. 最後まで話を聞くこと
  2. 同僚に上司批判否定非難はしない
  3. メールやチャットは丁寧に送る

まず、この3つを実践してみてください。

ポイントは、『丁寧さ』です。

最後まで話を聞く

これは最も疎かになりやすいことです。
聞こえている程度の聞くではなく、傾聴が必要です。

話したくない上司なら会話の頻度も減っているでしょうが、数少ない会話の機会で「話を聞けない人」という印象を残すようなことは避けるようにしましょう。

私の席の近くでたまに起きる光景なのですが、
関係が悪い上司と部下の会話は、お互いの話を聞かずに自分の主張を通そうとしていることが多いです。

普通に考えると、主張を譲るべきは部下の方になります。

こんなときは、まずは上司の話を聞いて、理解しようとする姿勢を見せることが大切です。
別の意見がある場合は、上司の話を最後まで聞き終わってから間を開けて”提案”という形で改めて話すのがおすすめです。

同僚に上司批判・否定・非難をしない

嫌いな上司と話したあと、すぐに他の社員に愚痴るのは避けましょう。

もし、そのような行動をしていると上司に知られた場合、自分だけでなく愚痴を聞いていた他の社員も同調していると見られてしまいます。人を嫌いになることは個人的な問題なので、他人を巻き込むことはご法度です。

自分の話を優しく聞いてくれる人を大切にするためにも安易に人を批判したり非難をすることはやめておきましょう。
むしろ、そのような人に上司との話を取り持ってもらうことはできませんか?
お互いにとって最良の結果になるように配慮することも大切です。

メールやチャットは丁寧な文言で送る

メールやチャットは残るので丁寧な印象を与える文章を残そう

メールやチャットの文章は意外な地雷です。
話す頻度が減るとメールやチャットのやりとりが増えるかもしれませんが、このときに絶対に必要なことは『丁寧さを欠かさないこと』です。

口頭での会話は一度きりで消えてしまいますが、メールやチャットのように”残る文章”になると何度も読み返す可能性があります。
きつい表現や必要以上に距離を感じる言葉は、読み返す度に不快感が募るので、自分が気付かないうちに相手との関係を悪化させてしまいます。

特に女性の場合、感情が文章に現れ易いので要注意です。
どんなに嫌いな相手でも、自分が不満に思っていることを伝える場合でも、読み返したときに不快にならない丁寧な文章を送るようにしてくださいね。

上司との関係に悩んで転職するときのおすすめ

上司との関係に悩みこっそり転職活動してます

上司との関係がストレスになり退職を考える場合、転職活動をしていることを見せずにゆっくりと時間をかけて転職先を探すことをおすすめします。

次の方法で退職までの時間を伸ばすことができますよ。

  1. 有給休暇を使ってストレス軽減
  2. 上司との接触を減らす

ここで重要なのは、転職活動をしていることを悟られないようにすることです。

転職活動は、ほとんどの人が思い通りに進めることができないので決定までに半年以上かかることもあります。
したがって、会社に辞めるつもりであることを悟られて退職日を明確にしろと言われたり、勤務態度が悪いと上司からの管理がきつくなるということは絶対に避けましょう。

そのためにも、次の方法が有効です。

転職活動中に上司と関わる時の注意点

転職活動を始めたら「もうこの会社は辞めるつもり」と言動が雑になりがちですが、転職活動がいつ終わるかが見えない間は丁寧に仕事をするようにしましょう。

先にお伝えした通り、上司との関係がキッカケで会社にいることが嫌になってしまったとしても仕事上のやりとりをしっかりと行っている方が都合よく進めることができます。

上司や周囲に退職することを決めているという”確信”を持たせないように注意しましょう。

転職前の有給休暇は半休のメリットを活用

有給休暇の有効な使い方としておすすめなのが半休です。

半休のメリットは2つあります。

  • 使える回数が多い
  • 仕事をする姿勢を見せられる

職場環境でストレスが溜まると会社に行くことそのものが辛くなったり、会社に居るのがイヤになります。
そんなときに半休をうまく使えば、会社に居る時間を短くすることができます。

有給休暇は社員の権利であり、社員個人の管理によって取得するものです。
働き方改革関連法の施行により、年間5日以上の取得が会社に義務付けられたことも社員にとって有利になったと言えるでしょう。

具体的な半休の使い方は次の通りです。

半休で自由な時間を作る

有給取得義務5日を半休で使えば、10日程度は自由な時間を作ることができますね。
もちろん、それ以上の有給休暇を曜日やタイミングなどで上手に活用することもストレス軽減に役立ちます。

また、転職活動で面接などに進んだ場合も半休で十分ですよね。
会社に悟らせないようにするためには休日や就業後に面接を設定したり、WEB面接を上手に使いながら有給休暇を利用していくことが賢い方法です。

その他にも、半休を使うことでゆっくりと寝ることができるので脳と身体のストレス解消にもぴったりです。

関連記事

「アラーム鳴っているけど…あともうちょっとだけ…!」 朝起きようとしたけど、また寝てしまった~というような経験、誰もが一度はしたことありますよね。二度寝すると気持ちがいいなぁと思うこともありますが、一方で「二度寝は身体に悪い」という話[…]

二度寝の効果とメリット・デメリット

半休で仕事をする意思を見せる

おかしな話ですが、日本の会社には有給休暇を使う社員に対して不満を持つ上司や経営者が居ます。このような人が会社の中心になっている場合、社員は自由に有給休暇が取得できません。

でも半休なら、『一応出社して仕事をする』という事実は残るので悪印象を残すリスクを減らせます。

上司が嫌いで話したくないときの対処法まとめ

上司が嫌いなときは簡単なことから変えていく

上司が嫌い、話したくないときの対処法について説明してきました。
まずは社内での立ち回りを変えてみたり、上司との関わり方を見直すところから始めることをおすすめします。

重要なのは安易に転職を勧めるサイトの通りにしないことです。
最初から転職や退職を考えるのは、会社の体質がハラスメントの原因になっている場合や職場に居辛くなってしまっている場合です。

上司を嫌いという感情を優先してしまっている場合は、仕事上のやりとりを丁寧にすることで逆に上司と会話の回数を減らせるということを紹介しました。業務上の報告連絡は会話を交えること。上司の話を最後まで聞いて否定批判しないこと。提案は間をおいてすること。メールやチャットは文面を特に丁寧にすること。地味ですが、このような積み重ねが評価と距離感を適度に両立させる最良の手段としておすすめです!

上司が嫌いで話したくないときの対処法
最新情報をチェックしよう!