女性の足のむくみの原因と生理や瘀血体質によるむくみを改善するマッサージ

「仕事終わりは、足が疲れてパンパン…」

働く女性にとって、足のむくみは1年通して付きまとう厄介なもの。
実は、成人女性の50%以上は足のむくみに悩まされているというデータもあります。

「病院に行ってもどこか悪いわけでもないし、我慢すれば大丈夫!」と軽い気持ちでいると、症状が悪化して通院や服薬が必要になることも…。
このまま放っておくと、あなたがもっと辛くなってしまいます。

そうならないために、簡単なセルフケアと生活習慣を改善することで、むくみを楽にし、むくみにくい身体をつくることが出来るのです!

今回は、女性に多いむくみの対策法と、むくみの原因となる「瘀血(おけつ)」について解説していきます。

辛いむくみをスッキリさせる4つの対策法

むくみを治す方法

むくみを取り除くポイントは次の4つです。

  • 運動やストレッチで足の血流を促す
  • 利尿作用がある食材を摂る
  • 足のマッサージでリンパの流れを促す
  • 骨盤のゆがみを直す

この4つを行うことで、あなたの足のむくみが楽になります!
では、具体的な方法をご紹介していきます。

屈伸運動とふくらはぎ伸ばしで血流促進

むくみを改善するには、長時間同じ姿勢でいないこと。そして、屈伸運動で足のポンプ機能を働かせることが重要です。

仕事の合間でも出来る屈伸運動とふくらはぎ伸ばしで足の血流を促しましょう。

屈伸運動とふくらはぎ伸ばしで血流促進

足だけでなく全身の血流がよくなったような気がしませんか?
ふくらはぎは心臓に血液を押し上げる重要な役割をしています。

ふくらはぎを動かすことで、足の血流が改善されるため、むくみも楽になり、むくみを防ぐことも出来ますよ!

昆布・のり・わかめで身体の水分を取り除く

昆布とのり、わかめなどの海の食材は身体にとって不要な水分を排出させる効果があります。

むくみは、水分の代謝が悪いことも原因の一つであるため、利尿作用がある食材を摂取することで改善が期待できます。しかし、利尿作用がある3食材は水分代謝を促すのと同時に身体を冷やす食べ物でもあることが難点…

そこでお勧めなのは、昆布のお出汁とのり・わかめを具材にしたお味噌汁です。プラスで大さじ1杯のお酢を加えて下さい。

味噌は、身体を温める食材であり、お酢は、血の巡りを良くしてくれる働きがあります。
海の幸・味噌・お酢を組み合わせることで、むくみの改善効果もさらにUPしますよ!

グレープフルーツ系オイルでリンパマッサージ

マッサージを正しく行うことで、リンパや血液の流れが改善され足のむくみもスッキリします。特にグレープフルーツ系のオイルは、リンパの流れを刺激し、毒素を排出するデトックス効果があるためお勧めです。

<リンパマッサージの方法>

リンパを流すフットマッサージ

  1. 足首から太ももに向かってリンパを流します。
    両手を交互に使いながら流すようにしましょう。
  2. 膝から足の付け根に向かってリンパを流します。
    横を流したら正面、次は裏側と全体的に流していきましょう。

マッサージは、直接リンパを刺激するものなので即効性が見込めます。
強すぎると痛みが発生したり肌を傷つけてしまったりする恐れがありますので、滑りの良いオイルやクリームなどを使い優しく行って下さい。

バランスボールを使って骨盤の歪みを整える

骨盤が歪むことで、下半身の筋肉のバランスが悪くなり、血液やリンパの流れが悪くなるためむくみが発生することがあります。
その場合、マッサージなどを行ってもなかなか改善しないこともあるのです。

頻繁にむくみが起きる場合は、バランスボールを使って骨盤ケアを行ってみましょう。
バランスボールに背筋を伸ばして座り、身体を前後左右に動かす運動により骨盤が正しい位置に戻っていきます。

より効果的な乗り方を紹介している動画がこちらです。ぜひ参考にしてみて下さい!

自分だけでは難しいという方は、整骨院などに訪れ、一度自分の状態を確認してもらいましょう。

あなたは瘀血体質?自分で出来るむくみの原因チェック法

瘀血体質チェック

むくみの原因には、水の代謝が悪いことや中高年に多い腎臓の機能低下などがありますが、その中でも女性に多いと言われているのが、血液の流れが悪い「瘀血(おけつ)体質」です。

自分が「瘀血タイプ」なのかわかるセルフチェックをご紹介します。

<チェック項目>

□肩こりしやすい
□手足が冷える
□生理痛が重くお腹が冷える
□経血が黒っぽく固まりがある
□生理前に肌ニキビが出来やすい
□アザが良くでき治りにくい
□肌がくすみがち
□目の下にクマができやすい
□痔になりやすい

いくつ当てはまりましたか?

当てはまる項目が多ければ、あなたは「瘀血体質」の傾向があります。
立ち仕事や座り仕事など、同じ姿勢でいることが多い人によく見られる体質です。

次に、自分の舌を鏡で見てみましょう。舌の上に白い苔のようなものがあったり、舌の両脇に歯痕のようなデコボコがあったりしていませんか?

むくみ以外にも車酔い・めまいなどの症状があり、舌に苔がついている場合は、余計な水分が滞っている「水毒」という体質も併せ持った、「瘀血+水毒体質」となります。

むくみは、水分代謝の悪さ、血液の滞りによって起こるとされているので、「瘀血体質」や「水毒体質」を持つ人は特にむくみやすい人と言えるのです。

そのため先程紹介した、マッサージやストレッチを行うこと、骨盤を正すこと、利尿作用がある食材を摂ることによって、血の流れを良くし、身体の水はけを良くなるため、むくみが楽になっていきます!

関連記事

「足が冷えて辛い、重ね履きしているのに…」 秋から冬、春先にかけて、多くの働く女性が辛いと感じているのが「冷え症」。 特にデスクワークが多い女性は、足の冷えが辛くて仕方がないという方も多いのではないでしょうか。 「とにかく冷や[…]

足の冷え症を改善して足元ポカポカにしよう

むくみの原因になる3つ悪習慣を今すぐ改善

瘀血体質改善のための生活習慣

むくみは生活習慣も影響を及ぼします。特に、普段からむくみの原因になりやすい3つの悪習慣がある人はむくみができやすい体質になってしまっています。

  1. 湯船に浸からない
  2. 階段を使わない
  3. 足を組む癖がある

この3つに該当する方は、次のヒントを参考に習慣を少し変えてみるところから始めましょう。

湯船に浸る

お風呂には、静水圧作用というものがあり、浸かるだけで全身マッサージをしているような効果が得られます。

お風呂に浸かるだけで全身の血流を促してくれるため、シャワーのみで済ませてしまう人は、血流改善効果が低く、身体が冷えやすいため、むくみやすくなります。

階段を使う

階段の上り下りは、屈伸運動と同様に足のポンプ機能を高める動きです。

普段エレベーターやエスカレーターをよく使う人は、足を上下させる運動が少なくなってしまい、足の血流が滞りやすくなるため、むくみやすくなります。

足を組まない

足を組む癖は、片方の足の筋肉に負荷がかかるため骨盤の歪みを助長させます。

無意識に足を組んでしまう人や、足を組んだ方が楽という人は、すでに骨盤の歪みが始まっている可能性があるので要注意。骨盤を正しい位置に戻す運動で改善させましょう。

生理中のむくみは女性ホルモンが関係していた!?

女性の中には、生理周期に合わせてむくみが発生するという方がいます。

実は、むくみは女性ホルモンのバランスが乱れるときに起こりやすいと言われており、PMS(月経前症候群)の症状の一部であるため、ホルモンバランスを整えることが必要です。

女性ホルモンを整えるには、バランスのいい食事、適度な運動、睡眠の質の向上がカギとなりますので、普段の生活習慣がとても大切です。

むくみは、婦人科でも診察してもらうことができ、漢方薬やピルなどの適切なお薬を処方してもらうことで改善することもあります。

生理周期と関係が見られる女性は、一度婦人科への受診を検討してみましょう。

女性の足のむくみ対策と瘀血の関係まとめ

今回は、足のむくみ対策法とその原因となる「瘀血」についてお伝えしました。

頻繁にむくみが起こる場合は、まず病院への受診を優先してください。思わぬところに原因が隠れている可能性があります。
原因が見つからない場合は、セルフケアでも改善することが出来ますので、運動や食べ物、マッサージで、血流促進と水分代謝促進を行い、辛いむくみを楽にしていきましょう。

身体を冷やすような生活習慣や骨盤に負荷がかかるような姿勢、過度な運動不足は、むくみやすい身体をつくってしまうため控えて下さいね。

足のむくみに悩んでいたあなたも、生活習慣の改善で辛いむくみにさよならしましょう!

足のむくみの原因と対策 瘀血体質を改善しよう
最新情報をチェックしよう!