足の冷え症が違う階のトイレに行くだけで改善する驚きの理由とは

「足が冷えて辛い、重ね履きしているのに…」

秋から冬、春先にかけて、多くの働く女性が辛いと感じているのが「冷え症」。
特にデスクワークが多い女性は、足の冷えが辛くて仕方がないという方も多いのではないでしょうか。

「とにかく冷やさないように重ね履きをしないと!」としていると、足を締め付けてしまい血流が悪化。さらに冷えが加速するという悪循環に陥っているかもしれません。

足が冷たすぎて痛い…なんてことになる前に!生活の中にストレッチを取り入れ、選ぶ食材にも一工夫を!足冷えを解消してポカポカな足にしていきましょう。

今回は、女性に多い足の冷え症の原因とすぐにできる対策法について解説していきます。

足の冷え症の対策は血行促進と保温がおすすめ

足の冷え症は血行促進と保温で解決しよう

足の冷え症に困っているときは、体を温めることと血行を良くしていきましょう。

ここで重要になるのが、食べ物と軽い運動です。
冷え症の人には運動不足気味の人が多く、またダイエットなどをしていて食べるものが偏っていることがあります。

そこで、冷え症対策のためには次の3つのことを大切にしましょう。

  • 温め食材で身体の熱を作ること
  • 足に血液を巡らせること
  • 足を保温すること

簡単なことから始めてみましょう。そうすればあなたの足冷えが軽減されますよ!

具体的な方法として次の4つを実践してください。

身体を温める食材を積極的に摂取する

ご飯を食べると身体が温まるように、身体の熱は食べ物によって作られています。足を温める工夫をする前に、身体が温まる食材を摂って身体の内側から熱を作っていきましょう。

【身体を温めるおすすめの食材】
・しょうが
・にんじん
・レンコン
・ねぎ
・ニラ
・鶏肉
・羊肉
・さば
・ぶり
・まぐろ
・みそ
【身体を温めるおすすめの飲み物】
・紅茶
・甘酒

特に、冬が旬の食材や根菜類は身体を温めるものが多いため、何を食べたらよいか迷ったらスーパーで特に目立つ食材を購入すると良いでしょう。

また、生で食べられる魚類は過熱することで身体の温熱効果が高まりますので、加熱調理することをお勧めします。

足ツボを刺激して血流を良くする

全身に熱を運んでくれているのが「血液」。血流を促すことで足の先まで血が巡り、足を温めることが出来ます。

おすすめの足ツボは血流を促す効果があるとされる、湧泉(ゆうせん)と八風(はちふう)です。

足の血行を良くする足つぼの湧泉と八風

湧泉のツボは、足の裏にあり、足をグーにした時に窪んだあたりにあります。ゴルフボール等の足の大きさに合ったボールを使って刺激すると、最初は少し痛みを感じますが、その後は足がポカポカするのを感じます。

八風のツボは、指と指の間の窪んだあたりにあります。垂直に押したり、親指で揉んだりしてみましょう。入浴中身体が温まった状態で行うとさらに効果が高まりますよ!

ふくらはぎ運動で血行促進

運動不足は冷えの大敵。特に足の冷えで重要な筋肉が「ふくらはぎ」です。

ふくらはぎの筋肉は血液を送るポンプの役割を果たし、足の先まで血液を届けてくれます。

かかと上げ運動でふくらはぎの血行促進

かかとの上げ下げ運動のポイントは、5秒かかとを上げた後は5秒しっかり休むこと、ふくらはぎを意識すること、正しい姿勢で行うことです。

時間を作ってストレッチをしようとすると続かないことも多いですよね。ご紹介したストレッチは仕事の間や家事の合間でも出来ますので、オフィスで印刷をしながら、歯磨きをしながら、料理をしながら等、「ながら運動」で積極的に動かすようにしていきましょう。

関連記事

「仕事終わりは、足が疲れてパンパン…」 働く女性にとって、足のむくみは1年通して付きまとう厄介なもの。 実は、成人女性の50%以上は足のむくみに悩まされているというデータもあります。 「病院に行ってもどこか悪いわけでもないし、[…]

足のむくみの原因と対策 瘀血体質を改善しよう

5本指の靴下で足を保温する

血液を足の先まで届けた後は、熱を逃がさないように保温しておきましょう。現在、多くの温活グッズが販売されていますが、靴下を重ね履きしたり、温かいスリッパを履いたりする前にお勧めしたいのが「5本指の靴下」です。

5本指の靴下は、通常の靴下よりも保温効果が高いことが科学的に証明されています。先程ご紹介した八風のツボを刺激することでも知られ、指を動かしやすくなるため、温まる効果も高くなると考えられているのです。

「5本指の靴下は見た目が気になる…」というあなたは、その上から靴下を重ね履きしてさらに保温効果を高めましょう!より足がポカポカしてきますよ。

関連記事:お風呂の入り方で美容効果が変わる?美容に良いお風呂の入り方5選

冷え症になる理由と女性におすすめの対策とは

冷え症は女性に多いと言われています。

ですが、極端な冷え症に悩むのは女性だからということではなく体の構造と筋肉が主な理由です。

極端に言えば、筋肉量が女性並みであれば男性でも冷え症になりやすいと言えます。

冷え症が起きる主な理由は次の通りです。

  1. 血が届きにくい
  2. 足先の血管が細い
  3. 筋肉が少ない

足が心臓から遠く血が届きにくいから

身体を温める要素の一つに血液の流れがあります。心臓は身体に血液を送るポンプの役割を果たしていますが、このポンプから足は一番遠いところにあります。つまり、足はもともと血液が届きにくい遠い場所にあることから、冷え症になりやすいとされているのです。

足先は血管が細く血の流れが弱い

心臓は身体の中で特に重要な臓器であるため、心臓の周りから近い部分には太い血管がたくさん張り巡らされています。しかし末端に行くにつれて、血管は細くなっていくことから、足先は血液が巡りにくく冷えを感じやすくなると考えられます。

筋肉が作る熱量が少ない

足の冷えは女性に多く見られますが、ここでの女性と男性の差は「筋肉」にあります。

筋肉は動かすことで身体の熱を作り血液を通じて全身に運びますが、女性は筋肉が少ない=熱を作る力が弱いということになるので、冷えを感じやすい傾向があります。

もし、温まる食材を摂取ても体が温まらない場合は、この筋肉不足が原因かもしれません。

この3つの理由をもとに、足冷えを解消するためには、まずは食材によって「血を作り熱を作る」こと、ツボ刺激や筋肉を動かす「運動で血を巡らせる」こと、その熱を逃がさないように靴下などで「保温すること」が大切なのです。

下半身を動かさない習慣は冷え症になりやすい

冷え症になりやすい生活習慣

最近、1日を通して座っている時間が極端に長くなっていませんか?

仕事中は午前午後に1回ずつと昼食のときぐらいしか席を立たないという人も居ると思います。

冷え症に悩んでいる場合、席を立たないということも原因になっている可能性があるので注意しましょう。

いま、特に注意したい冷え症になりやすい日常の習慣は次の3つです。

  1. 長時間座ったまま
  2. 体が硬い
  3. 刺し身が好き

少し気をつけるだけで対策できますので是非確認してくださいね。

座っている時間が長い

仕事でデスクワークをしているあなたは、足を動かす機会が少ないため足の筋力低下に繋がり冷えやすくなります。そのため、机の下で足の指を動かしたり、ふくらはぎをマッサージしたり、足を動かす工夫をすることが大切です。

長時間座った後、立ち上がった時はふくらはぎを使うチャンスですので、是非ストレッチなどを取り入れてみてください。

身体の柔軟性が低い

前屈をした時に、足の先まで手がしっかり届きますか?

身体が固くなると筋肉が動きづらく、血液の流れも悪くなります。特に全身の筋肉が固くなってしまうと、足だけでなく全身の冷えにも繋がりますので、全身を動かすことが出来る、ウォーキングやヨガなどを行ってみましょう。

生野菜やお刺身などをよく食べる

ダイエットのために生野菜を多く摂っていたり、お酒をたくさん飲んでお刺身を良く食べたりしていませんか?

これらの食材は特に身体を冷やしてしまう食材なので、全く食べないようにする必要はありませんが、身体が温まる食材も一緒に摂取し、温冷のバランスをよくしていきましょう。

姿勢不良による血流悪化が足の冷え症の原因に!?

姿勢と足の冷え症は非常に深い関係があります。

心臓から送られた血液は、足の先まで届く間に骨盤がありますが、よく足を組んでいたり、姿勢が悪くなっていたりすると、骨盤が歪むことで血液の通り道が狭くなってしまいます。また、骨盤の歪んだことで筋肉が固くなってしまうことも、血液の流れが悪くなる原因となるのです。

食べ物で血液を作って足まで送ろうと運動しても、血液が通る道がなくてはどうしようもありませんよね…。
骨盤矯正のために整骨院などに行くのも良いですが、骨盤は日々ちょっとしたことでも歪んでいきますので、普段から自分で気を付けて足の冷えを改善していきたいですね。

関連記事:猫背を改善して姿勢だけで素敵な女を演出する3つの方法

足の冷え症の人は階段で違う階のトイレに行こう

足の冷え症対策の運動として、ふくらはぎ運動も紹介しましたが忘れてしまうこともあるはずです。

そうした場合に備えて、日常に下半身を動かすことを意識する習慣を取り入れてみませんか?

座っている時間が長くなりやすい方は意識的に1時間に1回程度離席するようにしましょう。

私のおすすめは、少し余計に時間がかかりますが、可能であれば階段を使って1フロア上か下のトイレに行ってみることです。

これを習慣にできれば席を立つ度に階段昇降で足の筋肉を活性化させることができ、冷え症対策だけでなく筋力低下予防や体のコリ解消にも繋がるので一石三鳥です。

冷え症の原因から逆に考えれば、下半身を動かすことを意識した習慣があれば足の冷え症の改善に繋がりますね。

足の冷え症対策まとめ

今回は、足の冷え症対策についてお伝えしました。

足の冷え症改善のときに意識するのは「血液」です。特に、「身体の熱を作ること」「足に血液を巡らせること」「足を保温すること」が大切です。そのために、普段から食事に気を付けること、運動やストレッチで足を動かすこと、靴下や温活グッズで足を冷やさないことを、心掛けていきましょう。

セルフケアだけでは難しいという方は、医師または漢方医へ相談して体質に合ったお薬や漢方を処方してもらうことも選択肢に入れてみてください。

少し筋力をつけて血流を改善すれば冷え症も改善できます。そうすれば仕事中だけでなく、睡眠時の足元が冷えるという悩みも解決に向かうはずです。今年こそ、足冷えに悩まされないポカポカの足で寒い冬を乗り越えていきましょう!

足の冷え症を改善して足元ポカポカにしよう
最新情報をチェックしよう!